洗顔をした後に肌ケアをしますが、皮脂が多いからと言って保湿をしない事はニキビにとっても肌にとってもとても良くない事です。必ず保湿は必要なので化粧水をつけてください。化粧水の付け方も肌に浸透する為に叩いて化粧水をつける人がいますがこれは肌を傷めてしまいます。化粧水はコットンを使わずに手に取って優しく肌に置いていくイメージで付けます。手に取って使うと肌の状態が自分でもわかります。また化粧水を使う前に、肌への浸透力をより高めるスキンケア用品を使うと更に効果的です。ニキビにはとにかく保湿が大事なので、いかに肌に水分を溜め込むことが出来るかが重要なのです。

参考リンク-【公式】ニキビ肌を防ぐスキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)~クリアタイプ~』

そのあとは美容液で乳液になり最後にクリームを使用します。乳液ではなくクリームを塗る場合も美容液の後に塗ってくさい。乳液とクリームの違いは水分量と油分量の違いで、油分が多いクリームは先に塗ってしまうと化粧水や美容液が浸透しません。化粧水をつけた後にすぐに乳液などを付けるのではなく浸透して肌が渇いた後につけて下さい。ニキビが出来てしまって薬を塗る場合は洗顔後に塗りますが薬を塗った部分には化粧水等使用しません。薬を塗った所以外を普段のケアを行います。病院で薬をもらった場合は先生に確認してください。

ニキビ用の化粧水だからと言って薬の後に塗っても効果はありませんし悪化してしまう可能性が高いからです。ニキビケアに洗顔と保湿は大事ですが、大事だからと言って化粧水や乳液を過剰に使う必要はありません。適量を毎日続ける事で成果が出てきます。